経験が浅くてもできる和食の仕事

日本料理と一言で言っても、その業種は幅の広いもので、旅館やホテルに料亭や料理屋、そして割烹や小料理屋、ふぐ専門店や懐石料理、精進料理専門店などと、専門の料理を扱う和食店が多く存在している事はおわかりでしょう。お寿司も専門のすし職人がおり、それぞれの職種が専門化されている為に、職人の技も各分野で異なるものです。一般的にこうした世界では、見習いや中習いの時期を経て一人前となって行きますが、その修行期間が最低10年を要すると言われており、中卒からこの世界に入るなどは、至って普通の出来事でした。同じ和食であっても経験を余り要さない分野の職業は、集団給食の世界で、職人の世界とは全く異なる調理の世界と言えるでしょう。一般的には、献立などのメニューを考えるのは、料理人の親方である料理長が行いますが、給食調理の世界では栄養士が献立を考え、調理師がこれを調理するという、誠に特異な調理に世界を作り出しているのがその特徴です。