健康と食品栄養学・クエン酸回路

人間の消化器官は口から始まり、採取的に直腸に運ばれ排出されるという、経過をたどって行きます。食べたものは、それぞれの消化器官で消化されていきますが、なぜ消化が必要なのか皆さんおわかりでしょうか。これは人間の体内は、食物を摂ってもそのまま栄養吸収されないからであり、食べた食物を栄養吸収する為には、消化活動によって分子に細分化する必要がある為です。クエン酸回路は、代謝に関する最も重要な生化学反応回路というべきもので、酸素を必要とする呼吸生物は全般に、こうしたシステムを見る事ができます。クエン酸回路とは、簡単に言えば生命がエネルギーを作り出す為の体内燃焼システムの事で、エネルギーは炭水化物である糖質と、蛋白質や脂質から作られるものです。最初にこのシステムに入るものがクエン酸ですので、クエン酸回路と呼ばれるようになったわけです。この回路はTCA回路と呼ばれ、我々が生きるために必要なエネルギーを作り出すだけではなく、脂肪や疲労時に出る乳酸を分解し、更なるエネルギーに変換する事がわかっています。