フランス料理の食トレンドを知ろう

フランス料理と言えば、フレンチとも呼ばれる料理で、高級なレストランではワインのチョイスや、マナーなど日本人には敷居の高いものとなっていました。またひと昔前までのフレンチは、バターやラードを使い、濃厚でしつこいというイメージがあり、実際に日本人が食べるには胃にもたれる料理が多かった食事であったは事実です。しかし、イタリアンの軽さが知られるようになってくると、そのイメージも軽くなり、フランス料理も濃厚な味わいの料理の中にも、軽さを求めるトレンドが流行り出したのです。またレストラン自体も、日本人に合わせた料理が主体で、そのライトさを売りにするレストランが主流になってきた為に、フレンチレストランもさほど敷居の高いものではなくなってきました。現在のフレンチのトレンドは、日本人の求めるお洒落な感覚です。日本人は、こうしたレストランに重厚な雰囲気よりも、軽快で親しみやすいものを求める傾向が高く、気軽に低料金でも楽しめるお店が増えて来たのです。